埼玉県の浮気調査・素行調査は「総合探偵社マックス調査事務所」にお任せ下さい。決定的な浮気の証拠を収集します!

対象者の警戒行動について

  • HOME »
  • 対象者の警戒行動について

警戒行動とは、

「尾行を振り切ろうとする」 

「尾行されていないか確認する行動」

を言います。

調査対象者は、なぜ警戒するのか!

  • 後ろめたい行動を自覚している。
  • 以前に浮気調査をされている。
  • 過去に一度、浮気がバレて、妻(夫)から問い詰められた経験がある。
  • 日頃から用心深い性格。

実際の調査で調査対象者がおこなう警戒行動とは…

  • 急に立ち止まる、車両を止める。
  • ちょくちょく振り返る。
  • Uターンする。
  • 急に走り出す。
  • 一定の場から絶対に動かない。
  • わざと人通りの少ない場所へ行く。
  • 同じ場所を行ったり来たりする。
  • 急に車両のスピードを上げたり、停車させたりする。
  • 車両の場合、左→左→左と左折や右折を繰り返して確認する。
  • 電車に乗る際、締まる寸前に降りる(トラップ行動)

この場合、現場調査員が「尾行発覚の恐れがある」と判断した場合は調査を打ち切る可能性もあります。又は状況をご説明させて頂き、ご依頼様に判断を仰ぐ場合があります。

尾行していることが察知されている場合は、暫くの間、期間を開けてから再度実施したり、又は既に浮気相手が特定されている場合は、浮気相手側から尾行を行ったりします。
※逆に配偶者は無警戒なのに、浮気相手がやたらと警戒している場合もあります。

一度察知されますと、常に警戒する対象者が多い為、調査を継続できるかは、様子を見ながら判断していく必要性も出てきます。

浮気調査のご相談・お見積り完全無料! TEL 048-987-1008 年中無休(24時間受付)

PAGETOP
Copyright © 総合探偵社マックス調査事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.