埼玉県の浮気調査・素行調査は「総合探偵社マックス調査事務所」にお任せ下さい。決定的な浮気の証拠を収集します!

民法709条(不法行為による損害賠償)

不法行為による損害賠償(民法709条・条文) 

「自分の行為が他人に損害を及ぼすことを知っていながら、あえて(故意に)違法の行為をして、他人の権利や法律上保護される利益を侵し損害を与えた者は、その損害を賠償しなくてはならない。また、不注意(過失)による場合も同様である。」

浮気(不貞行為)による不法行為とは…(夫が浮気した場合)

不貞行為の相手は、貞操権を侵害され精神的苦痛を味わいこれが原因で婚姻関係が破綻し耐え難い苦痛を味わった相手の配偶者に対して、民法709条の不法行為に当たり、損害賠償の責任を負わなければならない。

判例では配偶者の不貞行為の相手方へ(女性)の慰謝料請求に関して「夫婦の一方の配偶者と肉体関係を持った第三者(この場合は女性)は、故意又は過失がある限り、その配偶者を誘惑するなどして肉体関係を持つに至らせたかどうか、両者の関係が自然の愛情によって生じたかどうかに関わらず、配偶者の妻としての権利を侵害し、その行為は違法性を帯び、配偶者(妻)が被った精神的苦痛を慰謝すべき義務あると言うべきである」とあります。

過失が有ったか、無かったかの判断が重要になります!

上記の場合の「過失」とは不貞行為の相手が「相手に配偶者がいることを知っている」ことが前提となる為、その配偶者の存在を全く知らなかった場合などでは「過失」に当たらないケースも有り得るということになります。

例えば、近年ではインターネットの普及により、出会い系サイトなどを利用して知り合った異性に対して、「独身である」と嘘をついたまま肉体関係に及ぶケースも十分に考えられます。また、悪知恵をはたらかせ、慰謝料を払いたくない為に「相手に配偶者がいることなど全く知らなかった」と、とぼける異性がいてもおかしくありません。

 

埼玉の探偵 マックス調査事務所

浮気調査のご相談・お見積り完全無料! TEL 048-987-1008 年中無休(24時間受付)

PAGETOP
Copyright © 総合探偵社マックス調査事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.