埼玉県の浮気調査・素行調査は「総合探偵社マックス調査事務所」にお任せ下さい。決定的な浮気の証拠を収集します!

民法724条(不法行為による損害賠償請求権の期間の制限)

不法行為による損害賠償請求権の期間の制限(民法724条・条文) 

「不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為から20年を経過したときも同様とする。」

損害賠償の請求権には期限があります!

浮気(不貞行為)による「不法行為」を知らなければ3年間で時効にはなりません。あくまでも「不法行為の事実を知ってから3年間」ということです。しかし、「不法行為」を知らなくても20年で時効になります。いずれか一方の期間が経過してしまうと時効が成立することになります。

kigen01「今後の配偶者の出方にもよるが、万一のことを考えて、不貞行為の証拠を持っておきたい」というご依頼者様がいらっしゃいます。

不貞行為が認められても「子供のことを考えると、離婚はしない方向で解決したい」と考える方も沢山いらっしゃいます。また、この証拠をもとに2人で話し合いを行い、夫婦関係を改善した方もおります。

但し、話し合いにより、「相手とはきちんと別れた」と言ったはずが、その後も関係が続いているケースが多いのも事実です。

いつ権利を行使するかは貴方次第です!

isharyou-seikyu02損害賠償の請求権を行使すべきかどうか3年以内に判断する必要があります。一度は寄りが戻ったが、1年後、2年後に婚姻関係の破綻状況に陥ることも考えられます。

不貞行為の証拠を利用するタイミングは、ご依頼者様自身で判断することになりますが、証拠を持っていることにより、権利を行使するこができるので一定の安心感はあると思います。

 

埼玉の探偵 マックス調査事務所

浮気調査のご相談・お見積り完全無料! TEL 048-987-1008 年中無休(24時間受付)

PAGETOP
Copyright © 総合探偵社マックス調査事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.