離婚の決意

 

お陰さまで、毎月様々な内容の依頼や相談の問い合わせをいただいております。今までの調査を改めて見ていると、つくづく浮気に職業や年齢は関係ない、、、と感じます。

 

今回の依頼者様は、浮気相手が夫に書いた手紙を車内で発見したということでした。夫は浮気をしているはずなのに、探しても証拠になるものは何も見つからず、車内もチエックしたが、その時は何もなかったと。

 

差出人は会社のスタッフ(独身の女性)でした。手紙の内容はシンプルで、「私のために、素敵なお部屋をありがとう。とっても嬉しかった」と。旦那様は埼玉県内で会社を経営者していて、奥さんも事務所には顔を出すので、手紙の差出人の顔は知っています。

 

実は、夫の浮気はこれで2回目。その時も探偵を雇って調査したそうです。前回は家に戻らない期間があり、その間は浮気相手と一緒に生活をしていたそうです。しかし、家を出てから数ヶ月で浮気相手とは破局をむかえ、突然家に戻ってきたと。この時の探偵からの調査報告書は、夫には一切見せてもいないし、その事実も伝えていないとのことです。

 

今回も、しっかりと関係を証明できる浮気現場の証拠が欲しかったと。そのために調査が終わるまでは、夫の浮気には気付いていないふりをしようと、妻は心に決めたそうです。

 

すぐに調査を承り、スケジュールを調整し調査を開始。調査を始めてから数日が経過したある日、いつものように会社から夫を尾行したところ、会社の裏通りを少し歩いたところにあるコンビニで、浮気相手の前に夫の車が止まり、乗車を確認。その後、お酒やおつまみ、お惣菜、デザートなど、いろいろとカゴに入れてスーパーで仲良く買い物。二人はスーパーを出て浮気相手のマンションへ直行。ようやく部屋が判明しました。

 

調査をし様子を見ていると、夫は、浮気相手と毎日会いたい=遊びたい。だから、いつでも自分が行けるようにお部屋をプレゼントしたようです。浮気相手の方は、夫のことをというよりも、あそこにも、ここにも行ってみたい、あれも、これも欲しいという気持ちの方が強いように感じました。

 

そんな夫に対し妻は今まで、夫婦間をギクシャクさせないよう気を遣ってきたが、そんなことをしても無駄ということに、今さらだけど気付いたと。たとえ夫は浮気相手に本気ではなくても、今の妻には関係ありません。夫が浮かれハメを外している間に、妻は離婚決意し準備を進めています。何があろうと、もうこの決断は変わらないと。

 

その後、妻の強い気持ちで離婚は成立し、夫と浮気相手からもしっかり慰謝料を受け取ることができました。夫はというと、浮気相手とは喧嘩の末に別れたと。それもよくあること。夫も夫なら、浮気相手もそんなものなのかもしれません。

 

中小企業経営者や自営業の夫の浮気調査の依頼は、よくお受け致します。経済的な余裕と時間的余裕がある為、浮気に走る方が比較的多く見受けられます。

埼玉で浮気に悩まれている方は、埼玉の探偵事務所 マックス調査事務所にご相談ください。マックスでは、効率性の高い調査プランをご提案し、低料金・低価格を目指します。ご相談・お見積りは完全無料、埼玉県内であれば出張面談も無料で行っております。お気軽にお問い合わせください。