浮気相手は身近な人かもしれません!

 

友人、知り合い、近所のママ(パパ)、子供の学校のお友達の○○ちゃんのママ(パパ)、あげたらキリがありません。探さなくても、身近で浮気相手を求めている者同士なら、ノリが合えばすぐです。

しかし、されてる側からしたら軽いノリで浮気され、しかも相手が自分の知り合いなんて、どんな理由であろうと許せる訳がありません。確かに、身近ですから相手の家庭の状況や様子も分かり、話すキッカケや話題も作りやすい、お互いに相手の配偶者、子供のことまでよく知っています。

 

浮気相手が近所に住んでいる場合、ちょっと散歩に行く感覚でコンビニなどに行き、そこで浮気相手と待ち合わせ、急いで車に乗って移動する。どこへ?って公園や人気のない所です。そこでサクッと手短に済ませ、何もなかったかのように自宅に戻るんです。

なぜホテルに行かないか?時間が限られていますから、だから近場でという事になります。お互いに身体を求めているので雰囲気、場所は関係ないんでしょうね。できればいいんです。お互いの時間さえ合えば、料金の支払いの心配もなく(無料で)、したい時に簡単にできるんですから。

 

中にはとても警戒をして浮気をしている人もいます。近所だから誰かが見ているかもしれない、もしかしたらバレるかもしれないと思っていたとしても、止める事ができないようであれば、かなり重症です。関係は暫くは終わらないでしょう。

夫や妻の浮気で悩んでいる方に、このような言い方はとても失礼になりますが、証拠を撮るのはこの状態の時が一番です。

 

浮気にもいろいろなパターンがありますが「浮気に加えて、その相手は自分の知人だった!」だから余計に許せないんです。数多くの相談を受けていますので、そのお気持ち、十分過ぎるほど理解できます!

 

まとめ

 

浮気相手が身近にいるケースです。今は、PTA、町内会、マンション管理組合、学校行事、地域のイベント、同窓会、ホームパーティー等、比較的、狭い範囲の中で様々な集まりがあります。

これも異性との接点が発生する環境の一つと言えます。そこではお酒が入る場もあるでしょう。定期的な集まりがあれば、それなりのコミュニケーションもあり、親密性を深めることも十分に可能ですので、男女の関係が生まれても何ら不思議なことではありません。