パートナーが浮気をしていると疑い始めたとき、ほとんどの人は浮気の事実を確かめたくなると思います。心のどこかでは「浮気をしているはずはない」と思いながら、どこかに浮気の証拠になるようなものはないかと探してしまう。

なかには真実を受け止めることができないなどの理由から見て見ぬふりをしてしまう人もいますが、ほとんどの人は見過ごすことはできません。

 

パートナーが浮気をしているのは確実だと頭では分かってはいても、パートナーに対する愛情はなくなったとしても、浮気調査の結果報告としてリアルな現場(浮気相手と仲良くホテルに入っていく姿や、キスをしている場面など)の映像を見た時に受けるショックは必ずあります。

最近では、スマホなどで浮気相手とのやり取りを確認してから浮気調査を依頼する人が増えており、パートナーの浮気の事実を依頼者に伝えても「やはりそうでしたか」と落ち着いて受け止める人が多くなりました。

 

浮気調査に関してですが、浮気調査とは言っても目的に応じて調査項目は異なってきます。浮気をしているかの真実が知りたいだけ、という方には極論を言うならば、浮気相手とラブホに入る写真と出てくる写真があれば十分かもしれません。しかし、これがもし浮気相手に慰謝料を請求するとなると、これだけでは不十分になります。

本気で浮気相手に慰謝料を請求したいと考えているならば、浮気相手の素性までを調べる必要があるのです。浮気相手には迷惑をかけたくないと思っているので、パートナーに相手の素性を聞いても素直には教えてくれないでしょう。

 

目的によって料金も調査方法も変わってくるため「浮気の代表的な目的」を参考に、目的をハッキリさせましょう。

 

浮気の代表的な目的

・離婚

・慰謝料請求

・夫婦円満

・懲らしめる

・保険

 

離婚

パートナーの浮気が原因で離婚調停や裁判などで不貞行為の証拠として認められるのは、ラブホに一緒に入り一定時間以上滞在し、一緒に出きたことを証明できるものが必要になります。その他には下記のものが不貞行為の証拠とされております。滞在時間や状況によって複数回の撮影が必要になります。

・car sex

・浮気相手の自宅に出入り、宿泊

・浮気相手と同居

・浮気相手と宿泊旅行

 

慰謝料請求

この場合、注意することは「離婚をするかしないのか」「浮気相手に対し慰謝料の請求はするのかしないのか」です。過去の例を見ると、離婚をしない場合には、損害が少ないと判断、解釈される傾向があるため、  慰謝料請求をしてもあまり期待はできないでしょう。

 

夫婦円満

今は離婚するつもりはなく、夫婦円満を望んでいる方にも浮気調査は有効な場合があります。あなたがパートナーに「浮気をされると、辛くなるのでやめてほしい」と伝えても、浮気を素直に認める人はごく少数です。また、浮気に慣れてしまうと、浮気をする罪の意識に鈍感になっていき、浮気を正当化するようになる人もいます。

・浮気をしてもバレないだろう

・浮気がバレても離婚には至らないだろう

・浮気をするのはパートナーが悪いからだ

・浮気は単なる遊び  など

浮気をしている本人は、あなたがどれほどパートナーの浮気に悩み、不安やストレスを抱えているかなんて気付きもせず、考えもしないでしょう。このような状況になってしまうと、しばらくの間パートナーが思いやりを持って、あなたに接することは少し難しくなります。

 

懲らしめる

今すぐには離婚をする気持ちはないが、このままでは気が済まないという方。浮気相手に慰謝料の請求をしたいという方。パートナーの浮気を許すことはできませんし、浮気、不倫は法的にも許される事ではありません。

 

保険

パートナーの浮気を知っても、「また遊んでいる」と割り切っている人もいますが、その浮気がいつどのタイミングで本気になるかは分かりません。離婚をして欲しいと言われる可能性は全くないわけではありません。突然パートナーから「あなたが○○だから離婚をしたい」と言われたら?パートナーは自分が浮気相手と一緒になりたいから離婚をしたいと言う気持ちを、知られたくありませんので必死で隠すでしょう。場合によって別れる原因をあなたのせいにする事もあります。

 

こんな時に慌てることもなく役立つのが、浮気調査の証拠です。浮気の証拠さえあればパートナーからの離婚請求を拒否することができますし、有利な立場で離婚ができます。