気になる「浮気調査に掛かる費用」をお見積りします!埼玉の探偵「マックス調査事務所」

浮気調査費用の相場

 

一番気になるのは、やはり「浮気調査の費用!」

浮気調査の費用浮気で悩まれている方は、夫や妻の浮気の証拠が撮りたくて、あちこちの探偵事務所に問い合わせしている方は多いと思います。

「信頼できる探偵事務所はどこか?」「自分の予算内で調査をしてくれる探偵事務所はあるか?」等、必死で探していると思います。

探偵の相場は、見えにくい、分かりづらいと当社の依頼人からも良く言われます。探偵事務所の選択を見誤ると、場合によっては、数十万円の費用の差がでることも決して珍しくありません。費用は、それぞれの探偵事務所で独自の料金システムにより決められていて、ホームページでも沢山案内されていますので、詳しく調べて、直接問い合わせてみることも大切です。

 

では、実際の相場はどれくらいなのか

浮気調査や素行調査は、主に稼働日数・稼働時間・必要とされる調査人員の3つで大きく左右されます。

総合的に見ると、調査員1名に付き、1時間7,000円~8,000円の幅で設定している探偵事務所が多いと判断しています。ほとんどの探偵事務所では、2名又は、3名程度で実際の現場を行いますので、例えば、2名体制の場合で、1時間あたりの相場は、14,000円~16,000円ということになります。

調査時間×1時間あたりの費用×調査員の数×調査日数=調査費用

これが、オーソドックスな費用計算になります。

<事例>

勤務後の夫の浮気調査調査期間3日間/午後5時~午後11時(6時間)/調査員1名7,500円の場合)

6時間×15,000円(2名分)×3=270,000

但し、パック料金の設定をしている探偵事務所も多く、日数パック制、時間パック制で通常の料金設定よりも割安でお得になっています。一定の時間内は延長や追加費用が掛かりませんので、安心感もあります。調査時間が気になる方にはパック料金のある探偵事務所にお願いする方がよろしいかと思います。

 

調査料金以外に掛かる費用にも気を付ける

調査費用以外の費用とは、調査実施の上で、実際に掛かった経費です。主なところでは、移動経費で公共交通機関の電車やバス、タクシーが挙げられます。車移動の場合であれば、高速代、燃料費、パーキング代などです。

経費は、調査費用に含まれている探偵事務所もあります。これは非常に良心的ですね。当社では、実費で掛かった経費はすべて別途とさせて頂いています。移動が長距離に及んだり、宿泊を伴う場合では、それに掛かる経費は膨大になります。この為、実費経費は別途請求している探偵事務所がほとんどです。

車両を使用する場合は、車両代という名目で、例えば1日10,000円という形で別途費用として設けている探偵事務所もありますので、必ず確認が必要です。3日の調査でも30,000円が加算されることになります。調査が長期になればなるほど、車両費も馬鹿になりませんので。

また、この車両費には、燃料費や移動で掛かった費用(高速代)等が含まれているのか?含まれていないのか?の確認もしておいた方がよいでしょう。

他には「報告書の作成費」という名目で1案件につき15,000円~20,000円ほどの費用が別途掛かる場合があります。報告書の作成業務も、かなりの時間を要するので、別途請求としているところも少なくありません。必ず確認しましょう。

ポイント

  1. 調査で掛かった実費の経費
  2. 車両を使用した場合の費用は別途掛かるのか?
  3. 報告書の作成費用は、調査費用に含まれているのか?

 

要するに最終的に総額はどれくらいか

上記の条件で、浮気調査3日間、調査時間6時間、調査員2名で270,000円という調査費用を算出していますが、調査経費や車両代、報告書作成費が別途だった場合で、320,000円前後と推測します。これに消費税が掛かると、345,000くらいになります。

これはあくまでも、一般的な費用としてお考えください。勿論、これ以上の費用が掛かる探偵事務所もあれば、これ以下の費用で収まる探偵事務所もあり得ます。

 

マックス調査事務所ではいくら掛かるのか

上記の条件(浮気調査3日間、調査時間6時間、調査員2名)の場合、当社では、パック料金25万円コースに当てはめられます。これには、車両代、報告書の作成費用は含まれていますので、250,000円+実費経費+消費税=総額となります。1時間あたりの単価は約13,800円ほどです。実費経費は、よほど遠距離にならない限り、数千円内で収まります。よって、総額は、270,000円(税込)+実費経費とお考えください。