浮気ストップ

 

浮気調査を依頼する方の多くは「いい加減、浮気相手と終わりにして欲しい」「浮気相手と完全に別れさせたい」「パートナーとの結婚生活を終わりにしたい」というハッキリとした意志を持っている方が多いです。

 

初めは誰でも「真実を知りたい」と思いながらも、様々な恐怖を感じています。しかし、今まで問題を解決できなかったのは真実を見ないようにしていたから。大切なのは浮気に気付いた段階や、ハッキリさせたいと思った時点で、この問題を必ず解決しようと心に決めることです。浮気をしている夫()や浮気相手のへの対処をどうしようかと一人で悩むことに時間を使うよりも、専門的な知識を持った人に相談し、適切な計画を立て対処をすることが最終的には時間的なロスや、精神的ダメージが少ないと言えます。

 

浮気をしている夫()から別れを切り出されることがあります。万が一、離婚という話になったとしても、事前に浮気調査をしていて証拠が全て揃っていますので慌てずに済みます。不貞の証拠があることで依頼者は不利な立場に立たされることはありません。

 

浮気をしていた夫()が、今までに見たこともないような態度で「二度と浮気はしない」と謝罪してくる場合があります。それはなぜか?全ては依頼者の態度と行動力にあります。依頼者側の「浮気は絶対に許さない!」という強い気持ちと態度、調査力のある探偵に撮ってもらった誤魔化しのきかない浮気現場の証拠があったからです。浮気をしていたことを認めざるを得ません。

 

()の浮気が発覚しても、離婚ではなく夫婦として新たにやり直そうとする場合、同じ浮気相手との関係の再発の心配や不安、新たな異性との浮気を心配するのは当然です。今後は夫婦として、子供の親として恥じることのないように努め、浮気をしていた側の夫()が二度と浮気に走らないような対策を立てましょう。

 

そこで、浮気の再発を防ぐために、浮気をしていた側の夫()と浮気相手に誓約書を書いてもらうという方法があります。同じ相手との浮気の再発防止対策とは、浮気相手とは二度と会わない、メール、電話、手紙などのやり取りの禁止。または、別の相手との浮気を考慮し、今後は浮気をしないという約束を交わしましょう。

 

一度浮気を経験していますので、約束を交わしたらすぐに書面にすることをお勧めしています。夫()が「口約束だけだと信用できないの?」と聞いてくる場合もあるでしょうが、約束を最初から守る気持ちのある人はそのような事は言いません。しかも浮気をした立場なのに信用しろと?浮気をした夫()の対応次第で本当に反省をしているのか、おおよその察しがつくでしょう。