依頼内容

2か月前ぐらいから妻の行動が気になり始めました。真面目なタイプなので、浮気をすることはないと信じていました。

半年前に子供達は英会話に通い始めました。疑いたくはなかったのですが、そのころから妻はメールをよくするようになりました。頻繁にメールをしている時もあったので、誰とメールをしているのか、正直気にはなっていました。

一昨日の夜、妻はメールのやり取りをしている途中で寝てしまったらしく、近くにあった携帯には、まだメッセージが表示してありました。読んでみると、相手は男性でした。

浮気をしているようなハッキリとしたやり取りはありませんでしたが、浮気をしている可能性もあるかもしれない、まだ浮気をしていない段階なら、深い関係になる前に何とかできるのではないかと思い、妻の浮気調査をお願いしました。

 

調査報告

お子さんのレッスンがある土曜日から調査を開始。対象者()は英会話スクールに子供達を送り届け、そこから23分ほど歩いた所にある新築のワンルームマンションの一室へと入っていきました。

お子さんのレッスンが終わる時間が近づいたころ、そのワンルームマンションに住んでいる男性と手を繋いで部屋を出る対象者()、ワンルームの敷地から出ると2人は別行動になりました。

対象者()は急いでお子さんを迎えに行き、男性は近くのコンビニに寄って暫く時間を潰して対象者()と同じ英会話スクールに入って行きました。

今回の調査からは、英会話レッスンのある土曜日に男性の部屋に行っていること、平日にホテルに行っていることが分かりました。対象者()の浮気相手は、英会話スクールで勤務している独身の日本人男性と判明。(状況の詳細な説明、映像は報告書に記載してあります)

 

調査報告後の依頼者様のお気持ち

証拠が揃い、やっと自分の気持ちが落ち着いてきたので妻と話し合おうと思います。浮気相手との関係は完全に終わりにしてほしいので、お互いにマイナスの感情をぶつけ合うのではなく、不満だった所を見直し、夫婦関係の修復と将来性のある話し合いをしていきたいと思っています。

浮気をしていたとしても、子供達にとっては大切な母親です。調査をしていただいている間中いろいろと考えましたが、やはり妻以外には考えられません。調査の途中、現場の状況を知らせて欲しいと調査員の方に頼んでいたので、妻の様子や行動もよく分かり、また、調査員の方がしっかり妻の後を追っているということも分かったので、とても安心できました。

 

まとめ

お子様の習い事に関係しているところに浮気相手がいるケースもあります。塾講師、部活の先生、スイミングスクール、サッカー、野球、テニス、武道等。いずれの習い事に共通するのは、比較的、独身男性が多く、講師やインストラクラー、コーチを務めているところです。つまり、妻の浮気相手として、異性との接点がある生活環境の一つと言えます。