離婚の原因を妻のせいにする!

 

ダメ出し、暴言など、不機嫌な夫の一方的な話を聞いているうちに、人によっては自分を責めたり、離婚という恐怖心から夫の顔色を伺い行動をしてしまうこともあるでしょう。

 

それは、本当に辛く不安でいっぱいの状況だと思います。

 

夫が離婚を急いでいる、話をすれば離婚の話ばかりという時点で、それは夫婦の問題ではなく他の女性が関係していることが多くあります。

 

夫に浮気相手がいる場合、その女性が夫に与える影響は大きいはずです。

 

時には、夫婦関係を修復するためのカウンセリングを受けてみたり、居心地のよい家庭の雰囲気を作ったり、笑顔で接することを心がけ、おいしい料理を作ったり・・・。しかし、頑張っても状況は良くならない。

 

なぜか・・・・・・

 

それは夫婦修復と浮気問題の解決は別の問題で、解決方法が違うからです。

特に女性が絡んでいる浮気問題は、その女性の情報が必要になります。

・既婚者、独身

・子供の有、無

・近くに住んでいる、遠距離

・一緒になりたい、今のままの関係を希望

・浮気の頻度と期間など

 

また、特にこのような場合は、あなたの立場を守るために信頼のできる探偵事務所に、できるだけ早めに相談することをお勧めします。

・突然、夫からの離婚宣言

・攻撃的に離婚を訴えてくる

・離婚を急いでいる

・女性からの具体的な内容の手紙やメールを見つけた

 

立場を守る対策!

離婚不受理届けを出す

離婚届の書面に不備がなければ、たとえ夫婦の一方が離婚届を偽装、提出したものであっても受理され、あなたが知らないうちに離婚が成立してしまいます。このような事態になるのを事前に防ぐため 不受理届けを提出することで離婚届は受理されなくなります。

浮気の証拠を掴む

夫婦関係が更に悪化し、万が一裁判等になった時にも慌てないように、法的にも有効な浮気の証拠を用意する。

 

まとめ

夫が浮気をしていることは妻にはバレているが、証拠がないことを良いことに、妻が離婚に応じないという理由で、離婚調停を起こされることも少なくはありません。

今後の生活を考えた時に、あなたが夫の浮気の真実を証明できず、不利な条件で離婚が成立することだけは絶対に避けなければなりません。