不貞行為の証拠は、「定期的」かつ「継続性」

 

民法上で明確に定義されている訳ではありませんが、夫婦はお互いに貞操を守る義務(『守操の義務』)があります。一回であっても、複数回であっても、配偶者以外と肉体関係があれば、それは『貞操を守る義務』を怠った事には変わりありません。「不貞行為」であり、法定離婚原因にはなります。

 

離婚請求をする事自体も、可能かどうかと言えば、理屈上は可能です。しかし、実際には、一回だけの肉体関係だけだと、770条2項により、離婚が認められない、という事です。(勿論、それだけで、離婚が認められるかどうかが決まるわけではないので、正確には「認められない可能性が高い」と言うべきでしょうが…)

 

 よって、1回だけの関係は言葉の上では不貞行為に当たるが、裁判で不貞行為と認められたことはないという記述は、より正確には、一回だけの関係は、「不貞行為」の定義には当てはまるが、「離婚を認めるに足る原因」としては、認められない(だろう)というべきでしょう。

 

不貞行為は認められるが、しかし、

 

『継続的不貞行為を認めるに足る証拠ではない』と判断される可能性もあるということです。

 

また、不貞行為の度合いによっては、慰謝料(配偶者及び、浮気相手に対する慰謝料)に大きく影響を及ぼすことも考えられます。浮気された側の請求に対して、実際に支払われる慰謝料額が大幅に減額される可能性もありますので、証拠は確実に複数回撮る方が望ましいと判断します。

 

証拠において、重要なのは継続性です。パートナーが、一回限りではなく継続的に不貞行為を犯していることが証明できれば、それが確固たる証拠となります。

 

裁判では原告側(訴訟を提訴した側)に立証責任があるので、原告側は「性行為の存在を確認ないし推認出来る証拠」を提示して被告の不貞行為を立証しなければなりません。

 

 裁判離婚には証拠が必要

 

不貞行為を原因とする離婚裁判では、裁判所は法と証拠をもとに判断を下しますので、証拠が無いと事実認定ができず判決を下すことはできません。

そこで、相手が不貞行為をおこない、これによって精神的な損害を受けたことを裁判の場で実証する必要があります。そのため、実証可能な生活上のささいなことでも、メモや写真などで残しておくことが必要です。小さな証拠でも積み重なれば、事実を浮かび上がらせる大きな状況証拠となる場合もあります。

言うまでもなく、確実な証拠は「継続性の認められる不貞行為の証拠」になります。