離婚をしない為の浮気調査

 

探偵事務所の浮気調査というと「離婚をする為の調査」と考えている方が多いようですが、ご自分が望まない離婚で不利な立場に立たされる事のないよう、または離婚を拒否する為に浮気の証拠を押さえる方もいます。

 

()は浮気をしているのにも関わらず、浮気を隠し価値観の違いや性格の不一致などを理由に離婚を要求してくる。ここ最近、夫()が離婚を決意するほどの出来事があったか?更に過去を振り返り考えてみても思い当たる事はない。そんな時、既に夫()には好きな相手が存在し、その相手に本気になっているという事が考えられます。

 

()は浮気をするタイプの人間ではないと思っていても、離婚を要求されたという事は、離婚しないとならない何かしらの大きな問題を抱えていると言ってもいいでしょう。

 

調査をした結果、自分のパートナー以外の異性と親密な関係にあり、浮気の事実を証拠として取られた以上、容易に離婚は出来ません。法律では浮気している側(有責配偶者)からの離婚請求は認められないのです。浮気の証拠を完全に掴む事で、浮気をしている夫()が要求してくる離婚を拒否する事が出来ます。

 

浮気をするタイプは千差万別です。あなたの夫が自己中心的で、不誠実な夫の場合、証拠のない状態で夫に問い詰めたとしても、夫は「証拠がないので浮気はしていないで通せる」と強気に出てくる可能性があります。どうやって浮気相手と別れようかと考えるのではなく、これからは浮気相手にはどうやって会い、どのように関係を続けていこうかと必死で考えていることもあるでしょう。その時点で夫は、妻に対して罪悪感や謝罪をしようという気持ちは全くありません。しかし、事実を確認できていない状態で夫に聞いても、夫は浮気を認めませんし、推測だけで夫と話したところで会話にはならないのです。

 

「証拠もないのになぜ浮気していると思ったのか?」の夫の問いに、妻が答えるという場合の多くは、浮気をバレないようにするため、今後注意しなければならない所を夫に教えていることにもなります。それを元に浮気相手との関係を上手く隠し継続させることが出来るでしょう。

 

よくあるのが、浮気が妻にバレた時「浮気相手とは別れる」という夫がいますが、「別れると言っただろう。だからもう疑うな」という意味として言っている場合もあります。また、「今から浮気相手の所に行って別れてくる」と言い夫が急いで浮気相手の所に行ったが、実際には別れ話ではなく「妻に浮気がバレたから、これからは少し会えなくなるかもしれない」などの事情を報告に行くというケースもあります。全ては、妻の攻撃から浮気相手を守るための必死の行動だという事も珍しくありません。妻には「別れてくる」と言って出て行ったけれど、初めから別れるつもりはありませんでした。という事です。

 

夫が「これ以上話し合いや、浮気を問い詰める事、疑うことはするな!」と妻を黙らせ押さえ付ける理由は、浮気の証拠を取られたら浮気相手とは会えなくなり関係が終わってしまうのではないかという考えがあるからで、妻が自分の浮気を疑い証拠を集めるような行動に出られると困る、これ以上妻に浮気を疑われたくない。だから、夫は妻に対し「浮気をしていないと言っているのに、自分を信用しない妻が嫌いだ」「これ以上疑うなら一緒に生活できない、離婚だ」という様に話をすり替えています。夫からこの様な屁理屈が出た時点で、浮気を止める気持ちはまずないと考えてもいいでしょう。

 

妻が夫の浮気の証拠も持たずに疑い問い正しても、夫は浮気の証拠がなく本当の事を妻は証明出来ないと見抜いているのです。そして今後、絶対に証拠を撮られる事のないように脅しや圧力をかけたという事です。

 

疑うと夫が怒るので、離婚を考えた時に探偵事務所や弁護士に相談し浮気調査をしようと考えるのではなく、離婚を避けたい時にも証拠は大変重要です。浮気調査=離婚というイメージが強いと思いますが、望まない離婚を避ける為にも証拠を有効に使うことをおすすめします。

 

浮気の決定的な証拠を掴み釘を刺す事で、浮気相手は精神的に追い込まれこれまでの関係を継続することが難しくなるでしょう。そして、浮気相手にも慰謝料を請求し、夫との関係を完全に終わらせる約束をしましょう。これからの生活を維持する為、浮気相手を排除し夫婦関係を修復する為、自分の身や子供達を守る為に証拠が役に立ちます。