埼玉県の浮気調査・素行調査は「総合探偵社マックス調査事務所」にお任せ下さい。決定的な浮気の証拠を収集します!

浮気の決定的な証拠とは

ラブホテルの出入りは浮気の決定的な証拠

ラブホテルは「不貞行為」の確かな証拠

ラブホテルは不貞行為の証拠として認められる配偶者と特定異性の「性行為(肉体関係)を確認ないし、推認できる証拠」となります。決定的な証拠は、ラブホテルの出入りしている場面の映像・写真です。ラブホテルへの概念は、肉体関係を築く場所として認識されているからです。

特定異性の自宅の出入り等は、実際に肉体関係があることの立証には不十分と言われていますが、複数回の入出、更に宿泊を確認出来るものであれば、不貞行為の証拠として立証できる可能性は十分にあります。

また、宿泊を伴う旅行でも同様のことが言えます。

浮気相手の自宅の出入りは証拠として有効!

浮気相手の自宅の出入り不貞行為が行われるのは必ずしも「ラブホテル」ばかりではありません。浮気相手の自宅に出入りしている場合も「不貞行為」として認められます。自宅に招き入れているということは、「かなりの親密性がある」とも判断できます。

但し、滞在時間や頻度によっては難しい判断になる場合があります。一定の滞在時間(宿泊等)や出入りしている回数がポイントになります。浮気相手の自宅の出入りは複数回の証拠が望ましいと言えます。

シティホテルビジネスホテル」の宿泊は証拠として有効か? 

シティホテルの宿泊は、浮気の証拠として有効か⁉

ラブホテルは、世間一般的に見ても、肉体関係を持つ場所として認識されています。但し、シティホテル、ビジネスホテルでは、商用、出張で利用する人というイメージの方が多いのではないでしょうか?実際にシティホテル、ビジネスホテルで不貞行為に及ぶケースも少なくありません。問題は、同ホテルに入った、出たという事実だけでは、証拠としては不十分と判断される可能性があります。

1.部屋は、別々だった。 

2.部屋で、打ち合わせをした後、帰った。

シティホテル・ビジネスホテルでの浮気の証拠このような言い訳をされて、一切の不貞行為を認めないでしょう。
では、どうしたら良いか?難易度は高いですが、「一緒に同じ部屋に入る、出る」の映像が必要となりますが、この場合、対象者と特定異性が乗車したエレベーターに一緒に乗車し、部屋の入りまで抑えることが望ましいです。

警戒している対象者の場合は、一緒にエレベーターに乗車してきた人物は気になるでしょうし、ましてや、同じ階で降りる人物がいれば更に警戒度が高まります。これにより、高度な撮影能力が求められます。

但し、勝負を掛けなければならないケースもありますので、ある程度のリスクは覚悟の上で実施する場合があります。あまりに警戒度の高い対象者の場合は、最低限、チェックインの際に、部屋キーは一つなのか?又は、それぞれが部屋キーを所持しているのか?を確認します。

同じ部屋の入室を確認できた場合は、2.の「部屋で、打ち合わせをした後、帰った」という 言い訳を覆す為に、翌朝、チェックアウト時に一緒に出てくところを捉える必要があります。

ホテルキーが一つの場合は、部屋に一緒に宿泊但し、チェックアウトは、一緒とは限りません。先に浮気相手が退室し、その後に対象者が一人でチェックアウトするケースもあります。

このケースでも最低限、同ホテルから出てくる浮気相手及び、対象者の姿を捉えることが重要です。可能であれば、同ホテルロビーで張り込み、チェックアウトする姿を撮影することを心掛けます。

このように、「一緒に同じ部屋に入った、出た」という証拠が望ましいということになります。また、シティホテル、ビジネスホテルは複数回の証拠があることも重要です。

宿泊を伴う旅行では、別々の部屋に宿泊することは極めて低いと判断できますが、弁護士によっては、旅行での宿泊より、ラブホテルの証拠を求める場合があります。

浮気の証拠は、何回あればいいのか!?

理想的な浮気の証拠としては、二人の不貞行為が定期的且つ、継続性が認められる証拠が求められます。つまり、一度の証拠だけでなく、頻繁に不貞行為に及んでいるという証拠が2回~3回あることが理想と言えます。

 

埼玉の浮気調査は「マックス調査事務所」にお任せください!

 

埼玉の探偵 マックス調査事務所

浮気調査のご相談・お見積り完全無料! TEL 048-987-1008 年中無休(24時間受付)

PAGETOP
Copyright © 総合探偵社マックス調査事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.