埼玉県の浮気調査・素行調査は「総合探偵社マックス調査事務所」にお任せ下さい。決定的な浮気の証拠を収集します!

浮気調査の必要性とメリット

 

浮気調査の必要性とは・・・

慰謝料請求には浮気の証拠が必要
不貞行為の証拠がなかっとしても、浮気相手が不貞行為を認めて慰謝料を支払ってくれれば、証拠は必要ありません。但し、浮気相手が不貞行為を認めずに争うこととなれば、不貞行為の証拠は間違いなく必要になります。

裁判では証拠主義ですので、不貞行為の証拠が不十分な場合は、憶測や推測ととらえられ、慰謝料の請求を棄却される場合も少なくなりません。また、反対に浮気相手から名誉毀損で慰謝料を請求されてしまう可能性もあります。

浮気の証拠を収集ご自身で不貞の証拠を集め、慰謝料を請求するのは自由ですが、配偶者と浮気相手の「性行為(肉体関係)を確認ないし、推認できる証拠」を掴むのは、現実問題として困難と思われます。

また、不十分な状況証拠だけで、配偶者を問い詰めたとしても「肉体関係(不貞行為)」の事実は一切無いなどと言い訳されてしまったら、もともこうもありません。

配偶者及び浮気相手に「不貞行為の事実」を認めさせるには、一切の言い訳が出来ない、確実な証拠が求められます。また、慰謝料請求の為には、「どこの、だれと」という身元も立証しなければなりませんので、浮気相手の氏名・住所も分からない状況で、問い詰めるのは非常に危険です。

 

浮気調査のメリットとは・・・

貴方から離婚要求ができる!

民法770条(離婚の訴えを提起する)離婚届け「配偶者に不貞行為があった場合、離婚の訴えを提起することができる」としています。配偶者の浮気が原因で精神的に追い詰められている貴方にとって、正当な理由として配偶者に離婚請求することができます。不貞とは夫婦間の貞操義務に違反する姦通(配偶者以外の異性との性行為を指します。つまり不貞は「配偶者以外の異性と肉体関係、特に継続的な肉体関係があると」を意味します。

夫・妻からの離婚要求を拒否できる!

離婚要求を拒否不貞行為が認められた配偶者(これを有責配偶者と言います)からの離婚要求は認められませんいち早く離婚して、これからの浮気相手との関係を発展させたい配偶者は、離婚を急ぐ傾向が見られます。「性格の不一致」「家事をしない」「価値観が違う」など難癖を付けて自身を正当化する配偶者も少なくありません。浮気の証拠があれば、キッパリと拒否することができます。

浮気相手との関係をやめさせる!

浮気相手との関係をやめさせる火遊び程度で浮気している配偶者もいます。浮気はするけど、家庭まで壊したくないというタイプです。このタイプの配偶者は浮気の証拠を撮られた場合、あっさりと浮気相手との関係を終わらせることも少なくありません。

また、浮気をされた配偶者も「子供のことを考えると離婚はしたくない」という方も勿論いらっしゃいます。浮気の証拠をもとに、配偶者に気持ちを改めさせることが出来れば十分価値があると思います。浮気相手に対しては、損害賠償を請求する、又は、今後一切配偶者との接触を禁止する旨の警告の書面(内容証明)で心理的に圧力を掛けることが出来ます。

配偶者と浮気相手に慰謝料を請求できる!

配偶者と浮気相手に慰謝料を請求既に修復が不可能な場合は、証拠を有効活用して、金銭面などで貴方の有利条件で離婚することも可能です。

民法709条(不法行為による損害賠償)不法行為を行った配偶者及び浮気相手(氏名・住所が必要)に対し、精神的な苦痛に対しての損害賠償請求する権利を得ます。尚、損害賠償の請求権には期限がありますので、お気を付けください。

離婚調停を有利に進められる!

離婚調停を有利に「不貞行為の証拠」があれば慰謝料の支払いや親権の問題など、離婚にともなうさまざまな条件交渉を有利に進めることができます

慰謝料などの諸条件で協議がまとまらない場合は、家庭裁判所に調停の申し立てをすることができ、その調停では「不貞の証拠」があることを前提として有利な条件で話し合いを進めることが可能となります。

 

不貞行為の証拠は、埼玉の探偵事務所 マックス調査事務所にお任せ下さい!

 

 

 

浮気調査のご相談・お見積り完全無料! TEL 048-987-1008 年中無休(24時間受付)

PAGETOP
Copyright © 総合探偵社マックス調査事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.