埼玉県の浮気調査・素行調査は「総合探偵社マックス調査事務所」にお任せ下さい。決定的な浮気の証拠を収集します!

別居後の調査リスクとは

別居後の浮気調査にはリスクが伴う

長期間の別居は「既に婚姻関係の破綻している判断される!?

別居している状況で、浮気調査を依頼される方も少なくありません!

婚姻関係の破綻この場合、別居後間もないケースと、別居して数ヶ月や数年が経過しているケースなど、さまざまです。

別居年数が長い場合、浮気調査を実施しても、既に、婚姻関係が破綻していると判断され、現時点で浮気の証拠を収集し、浮気を理由に法的手段を取っても全く意味を成さなくなることがあります。

少なくとも、浮気を確信しているのでれば、同居中、別居の話しが出た時点又は、その直後に証拠を掴むことをお勧めいたします。

別居先を把握しておく重要性!

様々な理由により、夫・妻と別居に至ってしまった場合、なるべく別居先の住所を特定しておくことが重要です。

別居先の住所配偶者によっては、一言も告げずに出ていく方もいます。実家に問い合わせても、「知らない」の一点張りで一切教えてくれないでしょう。出て行った配偶者は、当然、両親、兄弟姉妹、友人、知人などに目回しをしてから出て行くため、夫・妻の居住先を知りたくても、あなたの周りは敵だらけということになり、情報は一切取れないと考えた方がよいでしょう。

別居先が特定できていれば、その住所から浮気調査を実施するこが可能になります。万一特定できていないとなると、勤務先などから尾行して居住先を判明させるという作業が増えることになり、余計な調査費用が掛かってしまいます。

最悪なのは勤務先を既に辞めている場合や実家にも居ない場合です。調査対象者の捕捉が出来ない限り、浮気調査の実施はあり得ません。

同居していれば得られていた情報が、まったく無くなるリスクとは?

別居によって情報が得られなくなるリスク同居時であれば夫・妻の行動を把握できますが、別居となると相手の動きがまったく分からなくなり、情報を得るのは困難になります。

こうなると調査日や調査時間の絞り込みが難しくなる為、長期的に調査を実施しないと証拠を得られないという状況になりかねません。

つまり、調査費用に大きく影響を及ぼすリスクが伴うことになります。このリスクを回避する為には、やはり同居時に浮気の証拠を収集することです。

 

埼玉の探偵 マックス調査事務所


 

浮気調査のご相談・お見積り完全無料! TEL 048-987-1008 年中無休(24時間受付)

PAGETOP
Copyright © 総合探偵社マックス調査事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.