埼玉県の浮気調査・素行調査は「総合探偵社マックス調査事務所」にお任せ下さい。決定的な浮気の証拠を収集します!

効率良く証拠収集するには

日常の行動パターンを把握する!

なるべく調査日を絞り込む大切

浮気調査・不倫調査は、闇雲に実施するのではなく、一定のデータを収集した後に実施するのが理想です。そして、なるべく空振りを少なくし、浮気の可能性の高い日時に調査をセッティングすることが、効率良く証拠を取得する近道になります。また、これにより調査費用を軽減することも可能になります。

行動パターンを把握するご依頼者様の中には、「いつ調査したらよいか分からない」という方がいます。日常から、配偶者の行動に目を光らせ、不審な行動や言動など注意深く観察することが大切です。

まずは日頃から注意して配偶者の行動パターンを把握しておくことが重要です。平日仕事の際の帰宅時間、休日の外出時間(何時~何時まで)等をメモなどに書き留めておき、〇月〇日の何曜日、何時~何時までの行動が怪しい、又は、行動が見えないなど、1ヶ月間の行動を収集しておけば、ある程度のパターンが読めてくる場合があります。これにより、絞り込んだ曜日、時間帯に調査を実施することが理想です。無駄なく調査することにより、費用を抑えることが可能です。

夫・妻のおよそ1ヶ月程度のスケジュールを把握しておく!

データは多ければ多いほど調査実施日の絞込みがしやすくなりますので、1ヶ月~2ヶ月の行動パターンは把握したいところです。

 PM7:00

通常帰宅
 PM7:05

通常帰宅
 PM11:30

飲み会
 PM7:10

通常帰宅
 AM0:00

残業
 休 日  休 日
 PM7:15

通常帰宅
 PM7:00

通常帰宅
 PM8:30

通常帰宅
 PM7:05

通常帰宅
PM11:45

残業 
 休 日  休日出勤
 PM7:10

通常帰宅
 PM7:15

通常帰宅
 AM0:30

残業
 PM7:05

通常帰宅
 PM7:00

通常帰宅
 休 日  パチンコ

※上記の場合、およそ怪しい曜日は(水)(金)(日)の3日間となります。浮気には毎週同じ曜日、同じ時間帯に会うという周期性・定期性が見られる場合があります。また、日頃から休日にパチンコに行っていることを知っている妻を欺き、実は浮気相手と会っていたケースもあります。

急に、「休日出勤になった」というパターンも少なくありません。今まで一度もなかったのに、あまりにも不自然と思わざる負えません。

また、日頃から残業で帰宅が遅い曜日がある場合は、さほど気にすることはないと思いますが、今まで毎日18時には帰宅していたのが、急に特定の曜日だけ帰宅が遅くなった場合では、疑いの余地があると考えます。

但し、必ずしも全てが当てはまるということではありません。浮気相手の都合もありますので、これによってはデータ通りに動くとは勿論言い切れません。少しでも可能性の高い曜日を選択し、調査を実施することをお勧め致します。

 

埼玉の探偵 マックス調査事務所

浮気調査のご相談・お見積り完全無料! TEL 048-987-1008 年中無休(24時間受付)

PAGETOP
Copyright © 総合探偵社マックス調査事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.