女性の浮気

既婚者である浮気相手との関係が長引けば長引くほど、その男性に費やした時間への後悔は大きくなります。男性からの「離婚するから待っていて欲しい」「子供が大きくなるまで」や「妻がなかなか別れてくれなくて」などの言葉を信じ、本気にしていませんか?

「妻のことは何とも思っていない・愛しているのは○○だけ・信じて欲しい」という言葉。二人の関係が親密になればなるほど信じたくなりますが、もし本当に愛しているのであれば、すぐにでも自分が幸せにしたいと何かしらの行動を起こすでしょう。

本当に妻と離婚したいという気持ちがあるならば、少なくとも別居をする準備をしているか、すでに別居をしているはずです。ほとんどの男性は「離婚する」と言っているだけで、本気で妻と別れる気持ちがないことを理解しなければならないでしょう。

本音は言葉ではなく、行動や態度に表れます。「口先だけで実際に行動が伴わない」のは、その時の状況や気分で言葉を発しているだけで、その言葉にあなたの期待するような深い意味は含まれていません。

あなたの望んでいる将来設計はもちろん、本当の意味で幸せにしようなどとは思っていませんし、あなたを求める気持ちを愛と思い込んでいる・自分の欲望が満たすために女性を必要としている・それを愛と勘違いしているようです。

愛していると口では言っていますが本当の意味で愛している訳ではありません。 自分達の欲望を満たすために相手の妻(家族)を傷付けても気にしない、というのはあまりにも身勝手です。異性関係がだらしなく、浮気癖があるなどの欠点は雰囲気や会話の節々に表れます。本人は気を付けていても隠しきれるものではありません。

類を以て集まるという言葉がありますが、あなたが一途な男性と幸せな結婚を望むのであれば、今までの行動、思考を変える努力をすることを強くお勧め致します。 お互いに既婚者同士で一時的な遊びだという方、本人同士はそれで良いでしょう。

しかし、配偶者や子供の立場になって考えた場合、一度の浮気でも決して許せるものではありません。あなたが仕事をしている場合には浮気を勤務先にバラされる・相手の家族からの報復を受けるなども十分に考えられます。

浮気相手の配偶者からの報復 浮気相手の配偶者は、あなたに対し非常に強い憤りや敵対心を抱いており、怒りは限界を超えています。ラブホや職場に乗り込んでくることや、自宅や勤務先、あなたや旦那の実家に浮気の証拠が届くことも十分考えられます。

初期の対応を誤ると泥沼になり、話し合いの解決は困難になります。 慰謝料を請求される 民法では既婚者が配偶者以外との肉体関係を持つことは違法となります。浮気は二人で行う不法行為です。相手が離婚する・しないに関係なく、不貞行為の対しての慰謝料請求は浮気相手であるあなたに対しても請求が可能なため、請求される確率は非常に高くなるでしょう。

一回の不貞行為と示談金 浮気相手の配偶者にバレ訴えると言われた。裁判では浮気の慰謝料は50万~300万。一度の肉体関係で300万となることはありませんが、どうしても裁判を避けたい場合にはある程度の示談金が必要になることもあります。

訴えられた場合、弁護士費用がかかる 浮気相手の配偶者からの慰謝料請求に対して、返事を返さない等の拒否の姿勢を取り続けていると、その後裁判になることも予想されます。裁判を起こされた場合、解決するまでにはかなりの時間がかかり、精神的・金銭的なダメージはあなたの想像以上です。

浮気の詳細を法廷で証言 裁判ではそれぞれの証言をもとに、弁護士と裁判官が話の食い違いなどを整理していくため、浮気をした回数・浮気までのいきさつ等の詳細を聞かれることが少なくありません。裁判は一般公開されています。

例え知り合いがいなくても、そのような場所で浮気相手との関係を具体的に答えなければならないことは非常に苦痛でしょう。 二人で会っている時、浮気相手の気持ちはあなたに向いていても結局、生活の基盤が家にあるため、妻や家族の元へ帰ります。妻や子供、世間体などを考えるとなかなか離婚に踏み切るのは難しいものではありません。

既婚者男性の偽りの愛を本当の愛と信じていても、残念ながらあなたの望むような幸せを手に入れられる確率はほとんどありません。 あなたの心の傷が大きくなる前に、大きな問題になる前に浮気相手とは完全に決別することをお勧め致します。

万が一、関係を終わらせることができず浮気を繰り返している中、証拠をとられ相手の配偶者から慰謝料を請求された場合には、自分が加害者であるとことを忘れず誠意のある対応をお願い致します。

Writing by Kitagawa