性格の不一致や配偶者の浮気・DVや借金など、離婚に至るまでの経緯は様々ですが、配偶者の浮気が原因で離婚を決断した方の中には、「異性は暫くいらない」「シングルのままでいい」と考える方もいます。しかし、月日が経つと何となく気になる人ができ、気持ちが落ち着いた頃には、新たな恋愛をスタートさせたいと思うようになっていくこともあるでしょう。

 

バツイチの方の中には、単なる出会いや恋愛を求めている訳ではなく、将来を意識したお付き合いをしたいと考えている方も少なくありません。特にバツイチ同士の場合には、一度、家庭を築き、離婚を経験しているからこそ見えてくるものもあります。結婚生活のプラス・マイナス面を共感できるのはバツイチ同士だからなのかもしれません。

 

子供がいる場合、結婚を前提としてお付き合いをしたいと真剣に考えれば考える程、現在のこと、将来のこと、子供のことなど不安要素は尽きません。このような時こそ、みんなが幸せになるためにはどうしたら良いのかを考え、それについて交際相手と話し合う事はとても大切です。長期的に見ると、このような気持ちを抱いたときにどのように考え話し合い、結論を出し実行に移したかで関係は大きく変わっていくと思います。

 

どんなカップルにおいても交際期間中というのはとても重要です。例え会う時間が少なくても、短くても、会っている間は心の通い合う時間を持つこと。この時期に充実した時間、質の高い関係をどれだけ過ごせたかによってこれからの結婚が良いものとなるかどうかが決まっていくような気がします。バツイチということを消極的に捉えず、お互いに心を通わせることのできる関係の深さを大事にして欲しいと思います。

 

もしお互いに子供がいる場合には、自分と相手の子供には平等を心掛け、子供との会話も大切にしましょう。子供達が再婚に対し不安や抵抗があるような時には、まず子供の気持ちを理解することに時間をかけコミュニケーションをとっていくことで関係はよりスムーズになっていくでしょう。

 

特に配偶者の浮気が原因で離婚となった方の多くは、異性に対して強い不信感を持っていることが多く、疑い深くなっていることもあります。 そのためには疑われる要素は根絶し、異性に興味を持たないという姿勢を取り続け信頼関係を築くことが非常に効果的です。

 

好きになった相手がバツイチの場合、「相手がどのような経緯で離婚となったのか」は気になると思いますし、今後のためにも把握してほしいと思います。しかし、ここで注意してほしいのは、あくまでも相手の話す内容は「交際相手の視点から見た事、主観的な考えであり、客観的な事実とは別のものとなるということです。本人から見ると、自分が被害者となりますが、元配偶者から見ると加害者だったということは珍しい話ではありません。そのような事から一方的な話は鵜呑みにせず、様々な情報を参考によく見極めることが大切です。

 

交際相手の人間性に問題があると判断した場合には、一度付き合いを考え直さなければなりません。また、離婚の理由は様々でどちらにも非があることがほとんどですが、それを軽い口調や他人事のように話すようであれば、反省さえしていない可能性があり、数年後に同じようなことを繰り返す確率は非常に高くなります。

 

離婚理由を聞くのはとても勇気が必要で、交際相手に対し失礼かもしれないとためらいがちですが、将来一緒になりたいと考えているのであればきちんと話を聞き、冷静に判断することが大切です。

 

今までの恋愛や結婚生活での失敗から、また同じようなことを繰り返したくないという思いが強くなり相手の性格や考え方、行動などできる限り把握したいと焦ってしまうこともあるでしょう。また、交際相手を信じたいと思っている自分の気持ちとは裏腹に相手を疑ってしまう、言動に不審な点があり不安になってしまう場合などもあると思います。そのような際には、どうぞお気軽に無料相談をご利用下さい。

 

*調査現場の状況を把握し依頼者様への情報を適切に伝えるため、担当者も現場に出て調査に携わっており、電話に出られないことが多々ございます。その際には折り返し連絡いたしますので少しの間お待ちいただけると助かります。

 

Writing by Kitagawa