浮気・慰謝料

 

夫や妻が浮気をしているかもしれない、または、浮気をしている事実を知ったら許すことはできますか?浮気は意外なところからバレ、その代償は高くつきます。夫婦、婚約、内縁関係にあるもののどちらかが配偶者以外の異性と肉体関係を持つことは、夫婦の貞操義務に違反する行為となります。これを法律上では不貞行為といいます。

 

貞操義務とは、夫婦関係(婚姻関係)にある者は、お互いに性的純潔を保つ義務、別の言い方をすると不貞行為を行わない義務をお互いに負っているということになります。

 

不貞行為は、法定離婚理由として認められる離婚原因のひとつです。その行為を理由に、離婚請求をすることや精神的苦痛に対する損害賠償ということで、慰謝料を請求することができます。離婚をしない場合にも慰謝料の請求はできますが、浮気が原因で離婚に至った場合に比べると金額はかなり減額される傾向にあります。慰謝料を請求できる相手は配偶者だけではなく、浮気相手にも請求することができますし、夫婦が離婚をしない場合でも請求は可能です。

 

配偶者に対する慰謝料額については、不貞行為に至った事情や、当事者の積極性、婚姻関係の破綻の程度などで異なりますが、一般的には 300万前後と言われています。その他には財産分与や子供がいる場合には養育費の問題もあります。

 

現在は、浮気や不倫に対してのハードルは低く、配偶者以外の異性と関係を持っても罪悪感を感じないという方も増えているようですが、浮気をして離婚原因を作った当事者は、社会的、人間的な信用が失われることに関しては、今も昔も変わりません。家族や親戚、友人、会社関係の人からの軽蔑の対象となりかねませんし、デリケートな年齢の子供達に親の浮気が発覚した場合、親子関係に取返しのつかない大きな溝ができしてしまうことも十分に考えられます。

 

浮気調査と、その後の家庭の様子


妻の行動に不審を感じていた夫が、当探偵事務所に妻の「浮気調査」を依頼。調査を進めていくと、依頼者の妻は、退社後に勤務先の上司とラブホテルで不貞行為に及んでいる事が判明しました。

 

依頼者である夫は、妻が浮気をしているという確信があったので覚悟はしていたが、妻の浮気を許すことはできず、暫く考えた結果、最終的に離婚を選択し、浮気相手の男性とパートナーである妻に対し慰謝料を請求しました。財産分与や子供達の親権問題で話が拗れ、精神的にもかなり厳しかったとの事でしたが、離婚は成立し、子供達は夫が引き取ることになりました。妻が浮気をしてこのような状態にあるという事を子供達が知り、子供達自ら妻と一緒に生活することを強く拒否したようです。

 

妻は、浮気相手である上司の妻から慰謝料を請求され、支払いに応じました。それと同時に勤務先にも二人の浮気がバレ、妻は退職、浮気相手であった上司は地方への転勤になりましたが、部下との浮気が発覚し転勤になったという噂が広まり、転勤後半年も経たずに退職したようです。

 

その後、浮気相手であった上司も離婚したそうで、今後は財産分与や慰謝料、子供の養育費を支払うことになるのではないかと思われます。年齢的にも転職したところで給料は以前よりも減給する確率は非常に高く、毎月のご自身の生活費や身の回りのこと(今までは奥さんがしていた掃除洗濯など)もご自身ですることになります。更には暫く続くであろう養育費支払いの件など、総合的に見ますと時間や金銭的な面についても以前のような余裕はなくなると考えられます。

 

妻は、浮気が原因での離婚だったため実家には戻れず、パートで働きながら一人暮らし、慰謝料を支払ったため殆ど貯金はなく、生活は厳しいようです。

 

夫婦でお互いに協力し築き上げ、やっと安定してきた生活を手に入れたと思ったのもつかの間、軽い気持ちから浮気に走り、人生を大きく変えてしまったという実話になります。

 

「浮気をする前の生活に戻りたい」と、後悔や反省をしても失ったものは戻りません。「上手くやっているから大丈夫」「今までバレなかったから平気」「本気ではなく遊びだからバレても許してくれるだろう」という浅はかな考え方は、最悪の結果や孤独な人生を歩むことにも繋がります。浮気心を配偶者以外の異性と満たした代償は、非常に高く付くものです。

 

当探偵事務所では、依頼者様の予算に応じた調査の相談も可能です。ご相談は無料にて承っております。お気軽にお問合せください。

 

Writing by Kitagawa